--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2010'02.26.Fri

まめ吉永眠

2月26日(金) am2:30
まめ吉、5歳5ヶ月、永眠

術後の経過を見守りながら、元気になってほしいと祈っていた矢先でした。

今は、何も言葉が浮かんできません。
ただ、本当にがんばったね。
ゆっくりお休み。

ありがとうね、まめ。
絶対に絶対に忘れないよ。


気持ちの整理がついたら、また今までの事書いていきたいと思います。


スポンサーサイト
闘病日記トラックバック(0)  コメント(1) 
2010'02.14.Sun

闘病生活:part3 不正咬合

順調と思われたまめ吉の体調に変化がやって来ました。
不正咬合です。

このまま元気になってくれればと願う日々です。

1月25日(月)
食欲有
今日は病院の日、お薬の量の調整をしましょうと話して来ました。
ふらつき、転倒、痙攣無し。

1月26日(火)
久々に大掃除
食欲有
意識障害有り(掃除機の音でなっちゃったかなぁ。。。

1月27日(水)
食欲無し※ペレット残し
ふらつき有り、意識障害有り

1月28日(木)
食欲無し
元気が無い
便の出が悪い
ふらつき、転倒、痙攣無し
※お薬すごく嫌がる。おそらくこの時、歯の具合が悪かったなぁと思う。

1月29日(金)
食欲無し
前回の臼歯処置から3週間、そろそろかなと思い病院へ。

【うさぎ専門の病院にて】
お口の中を見てもらい、前回と同じ場所の処置だとばかり思っていて、
聞かなかった私も悪いのですが、処置が長い。。。
まめ吉の悲鳴が聞こえる。。。
(無麻酔、目の前での処置。補ていしている看護しさんは私に背を向けています。
聞いた事も無いような叫ぶ声でした。
大丈夫なのか。。。
時間にして10分以上でした。
処置が終わった後、今回切歯した箇所を聞いたところ、
左上:1、2番 左下:2番
右上:3番   右下:5番
言葉が出ませんでした。
先生:「伸びて当たりそうなところを処置しました。」

がんばったね、まめ吉
本当にがんばったよ。。
これで食べてくれる!と思って病院を後にしました。

帰宅後、りんご汁につけたペレットを少しつまんでくれました。
良かった☆
ふらつき、転倒、痙攣無し。
少し疲れている様子。

1月30日(土)
食欲無し、食べても少し
少し震え有り(昨日の治療のせいかなあと。。

1月31日(日)
食欲無し
便の出が悪い、形も不揃い
ふらつき、転倒、痙攣無し


歯の処置後もそうですが、腸を動かす薬はもちろんあげていました。
お水も飲んでいました。

それでも食欲が戻らない。
とても心配でした。
まめ吉にとって、今回の処置がいかに嫌だったのかと思うと、
飼い主として【麻酔】という選択もあったのでは無いかと
とても悩み、自分を責めていました。
もしこれから、不正咬合の処置を考えていたり、
その場面に出くわした飼い主さん達がいるなら声を大にして言いたい。
うさぎの性格にもよると思いますが、
1、2本の処置であれば、一瞬で終わる処置かもしれませんが、
処置しなければいけない歯がそれなりにあるのであれば、
麻酔をしてあげることも必要だと思います。

人間だって歯の治療は嫌なものです。
ましてや、物言わぬ動物ならものすごいストレスだと思います。
切歯したからといってその切り口が絶対に完全なものとは限りません。
暴れているのを抑えているので、よっぽどうさぎの補ていに慣れていたとしても
うさぎだって全力抵抗なんです。

不正咬合の治療をして、食欲が戻り元気になるうさぎさんも多いと思いますが、
中にはまめ吉のようになってしまう子もいると思います。

”リスクを考えれば麻酔はしないほうがいい ”
など、賛否両論だと思います。
でも、よっぽどの事がない限り今の医療技術も進歩していると思うし、
治療にあたる先生にもよると思います。

この記録が、今後、不正咬合の処置をしたが悩んでいる飼い主さま達の参考に
なってもらえればと思います。




















闘病日記トラックバック(0)  コメント(4) 
2010'02.11.Thu

闘病生活:part2

うさぎの投薬、けっこう大変です…ハイ
さて、前回の続きです。
こうやって記事にしてみると、写真とかあればいいなぁと
他のブログに遊びに行くと思います…でも。。。
無いんです!
撮影するという余裕が全くありませんでした!うぅぅ・・
そのうちに後半で撮影した写真を掲載していこう!w( ̄o ̄)w オオー!

1月17日(日)
食欲有り
ふらつき、転倒、痙攣無し。
軟便が気になる

1月18日(月)
食欲有り
ふらつき、転倒、痙攣無し。
※12/29最初の発作から約3週間,投薬:10日目

1月19日(火)
食欲低下⇒※臼歯処置日1/5
ふらつき、転倒、痙攣無し。
軟便
ところどころにやわらかい便、お腹にもついてしまい、洗う。
ンーお腹苦しそうだなと感じました。

1月20日(水)
食欲無し
ふらつき、転倒、痙攣無し。
お薬の後、少し食べる

1月21日(木)
食欲有り
am1:30 ふらつき有り。斜めの走る音で起きる
am3:00 意識障害有り
ここ何日か発作が無かったので、少しびっくりする。

1月22日(金)
食欲有り
ふらつき、転倒、痙攣無し。
便の出が悪い
前日の発作で少し寝不足、心配だけど、早めの就寝。

1月23日(土)
食欲有り
ふらつき、転倒、痙攣無し。
お腹ぎゅるぅって鳴ってます…
軟便

1月24日(日)
食欲有り
ふらつき、転倒、痙攣無し。
軟便…最近多いので心配

このころ食べるけど、出ない、出が悪いと感じる日々でした。
コロコロ●出ると無償に嬉しかったりして、まめ吉を褒めてあげたりしてたなぁ。
お腹もよくマッサージしてあげたりしてました。
最初はイヤがったりしてたけど、
気持ち良いことに目覚めたのか手を入れるとお腹を載せてくれる始末・・w
でも調子悪いときはイヤがって逃げたりしてた。
なんとかお薬もがんばって飲み、発作も少なくなり少し安心でした。



闘病日記トラックバック(0)  コメント(2) 
2010'02.10.Wed

闘病生活のはじまり

先生と話した結果、
てんかん・エンセファリトゾーン症・脳腫瘍が予想されるとの事。
まず、発作を抑えてあげましょうという事で治療方針を話して来ました。
食欲もあるし、がんばりましょうと言っていただきました。
処方して頂くお薬の副作用などについてもきちんと話してくれました。


1月10日(日)
投薬開始です。
【お薬の内容】
抗てんかん薬,ステロイド,食欲増進、消化管の働きを良くする、
胃腸の運動を良くする,フェンベンダゾール(2週間分)
少しふら付きがあるが、その場に座り落ち着く。
痙攣無し
食欲有り

1月11日(月)
ふらつきあり、転倒、痙攣無し。
歯軋りあり
食欲有り


1月12日(火)
先生へ経過報告
少し動きが出てきて元気そう。その動きがたまに怪しく感じる…心配しすぎな私。
歯軋りも少し心配だが、食欲は有り。
ふらつきあり、転倒、痙攣無し。
夜、少し下痢気味(軟便)
急に寒くなったので、室温注意。
お腹の調子が少し心配…

1月13日(水)
食欲有り
ふらつき、転倒、痙攣無し。
意識障害有り:摘み手(座っている状態で、前足が「ふわっ」と2・3回繰り返す
軟便

1月14日(木)
食欲有り
ふらつき有り(トイレへ来るとき腰に力が入らずよろける
痙攣、転倒無し
コロコロ便に戻る

1月15日(金)
先生へ経過報告
ステロイドの量は徐々に減らして、抗てんかん薬も様子を見ながら量を調節しましょうと話。
食欲有り
盲腸便有り(薬の効果か、少し過食気味かしらw
ふらつき、転倒、痙攣無し

1月16日(土)
食欲有り
便の出が悪い
ふらつき、転倒、痙攣無し


投薬を始めて、痙攣は無くなりました。
気になったことは歯軋りかなぁ…

がんばろうね、まめ吉。



  
闘病日記トラックバック(0)  コメント(2) 
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。