--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2010'02.24.Wed

うさぎの精巣腫瘍

やっと時間が出来たので更新。
引越しの準備やらでばたばたしており、なかなか手につかなかった(((;-д- )=3
荷物もかなり落ち着き、後は最後の粗大ゴミ出しと、
最終日に使用する洋服とかのみです。
ガンバッタわ(;´ρ`)

さて、2月のまめ吉の様子です。
1月の闘病日記からはかなり飛びますが、
2月に入ってからも食欲は安定せず、原因がわからず不安な日々を過ごしました。

レントゲンでも異常は無し。
食事も食べてくれればと思い、色々工夫しましたが、
食べても1口2口…
それでもいつか食べてくれる!と思い、毎日過ごしました。
お薬もがんばりました。

投薬して35日目。
うさぎにとっては、1年半くらいの投薬期間に値します。
2月12日
お薬すべて止めました。

いつもは仕方なく開いていた口も、グッと開かなくなってしまったのです。
それがまめ吉のサインだと思いました。
プリンペランもペリアクチンも通常元気なうさぎさんであれば
すぐ反応があると思います。
でも、まめ吉は投薬を始めてからも反応がかなり薄かったのです。

本当に悩みました。
でも、嫌がるお薬を無理やり口にいれ、元気になってほしい一心で
がんばって来ました。
でも、それもまめ吉にとってはすでに限界だったのかもしれません。

そして、お薬を止めて7日目の事でした。
この間、てんかんはありませんでした。
もちろん、食欲も戻っていません。
ひたすらお水を飲む姿は目にしました。
生命力ってすごいですね。

ふと、まめ吉の後ろ姿を目にしたときに、
『なんか、内臓下がってる????!!!』
そうなんです、後ろ姿がとても変。
ひょうたんのような形。
抱き上げてお腹を見た瞬間……

たまたまが2つともピンポン玉みたいに膨れていました・・・( TДT)

すぐに先生に連絡し、自宅まで見にきてくれました。
『両方とも膨れちゃってるのかぁ、
 あんまり無いことだね、おそらく前立腺か、精管に異常があるね』
というお話で、イラストを書いて説明してくれました。
このままだと、たまたまが床ずれみたいに擦れてしまい、
最終的には破けてしまう可能性があるとの事でした。
や、破ける。。。想像つきません( ;´Д`)

そして、2月20日(日)、手術することになりました。
当日の様子などは次回画像と一緒にアップする予定です。

男の子であれば年齢とともに発生する可能性がある病気です。
このとき私は自分をかなり責めました。
去勢してあげてればこんな病気にはならなかったのではないか…って。
今まで一緒に暮らしてきて、去勢してあげるなんて考えた事はありませんでした。
なんか…まめ吉、ごめんね。

うさぎの病気について、まめ吉は身をもって私に色々伝えてくれています。
一時期は、まめ吉がお月様へ旅立ってしまったら、もう、動物は飼わない。
なんて思っていましたが、少し考え方が変わりました。
2代目、3代目と繋げる事ができればと思います。
そして、何よりこの日記を通して色々な方と交流できたらと、
改めて思いました。














うさぎの病気についてトラックバック(0)  コメント(0) 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。