--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2010'02.06.Sat

突然の痙攣

最初の痙攣のことから記事にしていきます。
飼っている状態は放し飼い。
自由の身です。

2009年12月29日
いつも通りに夜ご飯を食べ、自分の場所へ向かう途中でした。
なんか走り方が変だな…
アッ!えっ??!!
体全体が斜めに偏り転倒しました。
転倒したそばにすぐ駆け寄り、抱きかかえました。
くぅっと頭が下に下がり痙攣。
時間にして1分も無かったと思います。
恐らくまめ吉の意識もうろうとしてた…(びっくりしすぎて鮮明には覚えていません・・
正気を取り戻し、いつもの自分の場所へ。
大丈夫かな。。と観察。
食糞を食べる格好になった瞬間、再度転倒、痙攣。
まめ吉の体に何が起きてるの…ついさっきまで普通だったのに…(泣)
痙攣しては落ち着きを何回か繰り返しました。
落ち着くとお水をたくさん飲んでいました。

12月30日
昨日のことがウソのように普通に元気。
痙攣も無し。

12月31日
食糞時、痙攣。
丸まったまま転倒。今お世話になっている病院へ行き、注射してもらう。
先生は「てんかん」の診断。処方。
痙攣時はそっとしておいてあげてと言われる。
まめ君も抱き上げられると、がんばらなきゃっ!って思っちゃうからね。
と言われるが…先先、黙ってみてられないんです…(泣)
気持ちはわかるけど、見守ってあげてねと言われる。
食欲は有り。

私とまめ吉の闘病生活の幕開けでした。
うさぎの病気の事、食生活の事、元気で暮らしているからこそきちんと勉強すべきだったと
自分を責めました。
ここから書籍、ネットで思い当たる言葉で検索のはじまりです。
色々なサイトにたどり着き、勇気をもらいました。
まめ吉だけじゃない!もっとがんばって闘病生活している子達がいるんだと。
私も飼い主として最期までガンバルヨ!と思えました。
ただ、どうしても涙は止まらない年末年始でした。

うさぎの4歳は厄年だとどこかのサイトに書いてありました。
おや、うちのまめ吉は5歳ですが…
ち、ちっくしょー!なんて思ったりw

明日は年明け~の出来事を記事にします。
今日はここまで。





スポンサーサイト
うさぎの病気についてトラックバック(0)  コメント(0) 
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。