--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2010'02.14.Sun

闘病生活:part3 不正咬合

順調と思われたまめ吉の体調に変化がやって来ました。
不正咬合です。

このまま元気になってくれればと願う日々です。

1月25日(月)
食欲有
今日は病院の日、お薬の量の調整をしましょうと話して来ました。
ふらつき、転倒、痙攣無し。

1月26日(火)
久々に大掃除
食欲有
意識障害有り(掃除機の音でなっちゃったかなぁ。。。

1月27日(水)
食欲無し※ペレット残し
ふらつき有り、意識障害有り

1月28日(木)
食欲無し
元気が無い
便の出が悪い
ふらつき、転倒、痙攣無し
※お薬すごく嫌がる。おそらくこの時、歯の具合が悪かったなぁと思う。

1月29日(金)
食欲無し
前回の臼歯処置から3週間、そろそろかなと思い病院へ。

【うさぎ専門の病院にて】
お口の中を見てもらい、前回と同じ場所の処置だとばかり思っていて、
聞かなかった私も悪いのですが、処置が長い。。。
まめ吉の悲鳴が聞こえる。。。
(無麻酔、目の前での処置。補ていしている看護しさんは私に背を向けています。
聞いた事も無いような叫ぶ声でした。
大丈夫なのか。。。
時間にして10分以上でした。
処置が終わった後、今回切歯した箇所を聞いたところ、
左上:1、2番 左下:2番
右上:3番   右下:5番
言葉が出ませんでした。
先生:「伸びて当たりそうなところを処置しました。」

がんばったね、まめ吉
本当にがんばったよ。。
これで食べてくれる!と思って病院を後にしました。

帰宅後、りんご汁につけたペレットを少しつまんでくれました。
良かった☆
ふらつき、転倒、痙攣無し。
少し疲れている様子。

1月30日(土)
食欲無し、食べても少し
少し震え有り(昨日の治療のせいかなあと。。

1月31日(日)
食欲無し
便の出が悪い、形も不揃い
ふらつき、転倒、痙攣無し


歯の処置後もそうですが、腸を動かす薬はもちろんあげていました。
お水も飲んでいました。

それでも食欲が戻らない。
とても心配でした。
まめ吉にとって、今回の処置がいかに嫌だったのかと思うと、
飼い主として【麻酔】という選択もあったのでは無いかと
とても悩み、自分を責めていました。
もしこれから、不正咬合の処置を考えていたり、
その場面に出くわした飼い主さん達がいるなら声を大にして言いたい。
うさぎの性格にもよると思いますが、
1、2本の処置であれば、一瞬で終わる処置かもしれませんが、
処置しなければいけない歯がそれなりにあるのであれば、
麻酔をしてあげることも必要だと思います。

人間だって歯の治療は嫌なものです。
ましてや、物言わぬ動物ならものすごいストレスだと思います。
切歯したからといってその切り口が絶対に完全なものとは限りません。
暴れているのを抑えているので、よっぽどうさぎの補ていに慣れていたとしても
うさぎだって全力抵抗なんです。

不正咬合の治療をして、食欲が戻り元気になるうさぎさんも多いと思いますが、
中にはまめ吉のようになってしまう子もいると思います。

”リスクを考えれば麻酔はしないほうがいい ”
など、賛否両論だと思います。
でも、よっぽどの事がない限り今の医療技術も進歩していると思うし、
治療にあたる先生にもよると思います。

この記録が、今後、不正咬合の処置をしたが悩んでいる飼い主さま達の参考に
なってもらえればと思います。




















スポンサーサイト
闘病日記トラックバック(0)  コメント(4) 
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。